銭湯のかわりとしてソープの風呂を使う事は出来ない

寝ている女性

風俗行動療法の可能性

かつては対人恐怖症と呼ばれていた病気も今では名前が変わった様で『SAD(社会不安障害)』なんて言い方をするそうだ。前の方が分かりやすくて良いと思うのだが、医者の都合なのだろうか病名はその時々に変わる事がある。

これに対して病院では主に2通りの方法で治療が行われている。定番の薬物療法と、認知行動療法である。認知の方は自身が偏った思考をしている事を自覚するようにもっていくのが基本だという。恐いと思っていた物でもイザやってみると大した事ではない場合がある。それを繰り返して行けばやがては人と楽に接する事が出来るのではとの狙いである。

私は認知行動療法はともかく、薬に関しては懐疑的な立場である。そんなものを飲んで解決する様なら皆困ってはいないのだ。だが認知も劇的な改善がみられる訳ではない。薬よりはマシという程度だろう。

そこで第三の治療法『風俗行動療法』を病院で行うべきではと思う。苦手とする人間、それも裸の女性と対面してプレイを行うのである。人は恐くないという事を身をもって体験すれば劇的な改善がみられるのではと思う。ちまちまと会話せずに抱き合えば良い。理屈ではなく体全てを使って女性の良さを感じる事が肝心なのだ。

CONTENTS

UPDATE POST

NEW2017/10/24
風俗行動療法の可能性を追加しました。
NEW2017/10/24
ヒモ生活は楽しいわを追加しました。
NEW2017/10/24
風俗で働く女の子の高齢化を追加しました。
NEW2017/10/24
客引きのいる店はどうしてあんなに酷いのかを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP