銭湯のかわりとしてソープの風呂を使う事は出来ない

寝ている女性

風俗で働く女の子の高齢化

インターネットで風俗店を検索してみると、基本的に20代から30代までの若年層の女の子が紹介されている事が多いです。風俗店に入店して間もない新人の女の子に関しては、18歳という若い年齢として、お店のホームページに掲載されている場合もあります。基本的にお店が女の子を採用する時に、お店の経営の意向によって採用する場合が多いです。例えば、学生の感じで制服を来ながらサービスを提供するお店に関しては、お客様が学生のような感じで恋人として演出を楽しむために、せいぜい25歳までの女の子を採用します。また、お客様が先生の役となって、学生との恋愛を楽しむ場面を重視して、できれば若い女の子を採用する場合が多いです。本来ならば25歳までの女の子を採用したいと思っていた風俗店が、最近では30歳ぐらいまでの女の子を採用している場合もあります。つまり、人手不足によって女の子の高齢化が進んでいる風俗店が多くなっています。一方で、一般の風俗として楽しむ場合に、年齢にこだわらずに在籍させているお店も多くなっています。最も若い女の子の年齢は18歳ぐらいで、中には40を超えている女性も多くなっています。最近は40歳を超える風俗嬢も多いことから、風俗で働く女の子の高齢化も進みそうです。

CONTENTS

UPDATE POST

NEW2017/10/24
風俗行動療法の可能性を追加しました。
NEW2017/10/24
ヒモ生活は楽しいわを追加しました。
NEW2017/10/24
風俗で働く女の子の高齢化を追加しました。
NEW2017/10/24
客引きのいる店はどうしてあんなに酷いのかを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP